【前編】不思議な植物との出会いを体験! ~ 「 BOTTA vol.2 」

こと イベント
2017-08-07

 猛暑が続く中、東京で開催される植物イベントとしては最大規模の「BOTTA vol.2」に行ってきました(7月22日(土)、23日(日)の2日間開催)。
 会場は文京シビックセンターにほど近いビルの2階にある、ギャラリーとマーケットプレイスからなる複合施設「DESIGN小石川」。今年の1月の開催に続く第2弾の人気イベントです。

 ちょっと古びたビルの階段を2階に上がると、フロア面積580㎡の約半分を占めるかなりの広さのイベントスペースに、多肉植物や塊根植物、サボテン、蘭、チランジア、ビカクシダ、雨林植物など各ジャンルの有名専門店が出店していました。

数多くの多肉植物を展示(「ISHII PLANTS NURSERY」さん)

「ビカクシダ」を中心に展示(「Drift Wood & Smokey Wood」さん)


ミニ盆栽やハンギング植物をメインに展示(「necomoss」さん)


いろいろな塊根植物を展示(「mana’s green」さん)


細かいトゲのある葉が放射線状に広がる「ディッキア」たち(「Yocto_Dyckia」さん)


こちらはサボテンを中心に展示(「copiapoa」さん)


世界各地の熱帯雨林植物たち(「熱帯草屋“LA”」さん)


「DESIGN小石川」のマーケットプレイス「TAIYOU no SHITA」にも常設出店(「moku」さん)


さらに、世界各地の珍しい植物だけでなく、陶器でできた植物オブジェ「陶植」や植物をモチーフにしたアクセサリ、植物や樹木のリアル画などのボタニカルアートも展示販売。

一見しただけでは、植物にしか見えない「陶植」(「STUDIO.ZOK」さん)


ほんとうにリアルで魅力的な絵です。(「Saori Ohwada」さん)


今回出店されているほとんどの出店者さんは、実店舗を持たず、こういったイベントへの出店を通してお客様との接点を持つとともに、Webサイトで販売を行っているとのこと。 
今回の出店者さんは、以下の通りです。
 ・ISHII PLANTS NURSERY
 ・Drift Wood & Smokey Wood
 ・necomoss
 ・mana’s green
 ・Yocto_Dyckia
 ・copiapoa
 ・熱帯草屋“LA”
 ・moku
 ・STUDIO.ZOK
 ・Saori Ohwada

後編では、主催者の「moku」金田さんへのインタビューを中心にご紹介。
>>>後編はこちら

取材 | 蓑島俊和
写真 | 榊 智朗


tags