【福島県玉川村】「さるなし」シーズン到来! 大忙しの秋!

ひと しごと こと ~たまかわむらのさるなしさん~
2018-11-18

福島県の県中にあり、県内唯一の空港である「福島空港」がある玉川村。この玉川村で地域おこし協力隊として活躍後、観光物産協会の立ち上げに参画し、玉川村の特産品である「さるなし」の魅力を伝えるため奮闘中の荻野さん。

「さるなし」の出荷の最盛期と重なり、目も回るような日々を過ごされてました。荻野さんの「さるなし愛」と「さるなし」と共に地域のこれからをつくる姿をお楽しみください。

・・・



こんにちは、福島県玉川村のおぎのです。
さるなしシーズンも終わり、やっとドタバタな日々から落ち着いてきました。

ん…さるなしって何?という初めて私の記事を読む方は、まずは以前の記事をお読みください!

さてさて、今年の秋もさるなしまみれでした。

暖かかった気候により、いつもより早めの収穫が始まり、摘み取り体験受け入れ、第2回全国さるなし・こくわサミットin玉川村の開催、週末はだいたいどこかにさるなしを持って飛び回ってました。

初めての試みとしては、コミュニティカフェをお借りし「さるなしPOP UPカフェ」をオープン!

さるなしを存分に楽しんでもらえるようなメニューをたくさんご用意しました!

ドリンクだけの方にもさるなしをつけたり、特大さるなしパフェ、さるなしジャム付きトースト、もちろん、さるなしドリンクも。(さるなしフルコンプリートなお客さんも現れ、おなかが緩くならないかこちらが心配になるほど、)

生のさるなしだけでなく、さるなしのブラウニーや、「はとと」にちなんではとが好きなビスコッティ(豆入り)を販売、玉川村と姉妹都市の台湾鹿谷郷の凍頂烏龍茶の提供などを行いました。

目玉メニューの特大さるなしパフェは、さるなしがどっさり!
(小さそうに見えますが、カレー用スプーンサイズ)
生さるなし、ピューレ、ジャムが見えないところにも隠れてます。県南にある棚倉町の秋祭りに合わせてJR水郡線磐城棚倉駅前だったため中高生が多くとっても賑やかでした。

やっぱり反応が大きかったのは新宿駅での販売!
ドキドキしながらおしゃれマルシェに初めて出店してきました。新宿駅出てすぐにあるルミネアグリマルシェへ3日間出店したときは本当に大好評でした。

気持ち良い程のさるなし一色!
「さる?梨?野菜?これ食べれるの?」という方に完熟したさるなしを食べてもらい、食べたと途端に目を大きく開いて「美味しい…!」と驚いてくれる人をたくさん見れました。

さらに、「これから会う友達にも教えてあげたい!」、「職場でみんなで食べたんです!」という方も。さるなしは、農家さんに無理を言って追加で送ってもらったにもかかわらず完売。売り切れてしまったから後日来てくれる方もいてニコニコが絶えない濃厚な販売期間でした。

また、高校生が教えたい福島の美味しいものを直接消費者に伝えるために、日暮里駅前で行われているにっぽりマルシェにて「ふくしま百貨店」として出店。そのひとつとして「さるなし」も持って行ってもらいました。

たなぐら大家族学生部の活動の一環で、地域を輝かせる大人と地域を知りたい学生が作り出す『ふくしま百貨店』。イベント前には、何度もコンセプト、デザイン、ディスプレイ、必要な備品、何よりもその地域と商品のことを高校生たちと話し合いました。

わたしは、たなぐら大家族学生部の広報部なので、彼女たちにとって人生初めての名刺づくりのサポートもしたり。学生時代は、私も大人達に囲まれている生活をしていましたが、地域のことは無頓着だったなぁ…。この経験を大人側になったときに役立ててほしいと思いながら、次のイベントに向けて準備を進めております!

ふくしま百貨店Facebook:https://www.facebook.com/fukushima1002/
※Instagramは高校生が、Facebookは大人が中心に動かしてます。

自身で借りているさるなしの収穫・販売も行いましたが、さるなしの選別・お掃除の作業が、

実は、、、想像以上に大変なんです。

農家さんたちは、ご家族で・ご夫婦でおしゃべりしながらやっているのですが、私は、仕事の帰宅後、一人で黙々とやっていて…。

途中で気が狂いそうになりながらやってました(実際途中叫んだりしている)

新聞にさるなしを広げ、孤独な作業…。
たくさんイベントで使うさるなしパックを用意してもらう側はいいのですが、本当に農家さんに手間暇かけて、そして折々に無理を言ってやってもらっているのが身に染みるのでした。

これからオフシーズンなさるなしは落葉樹のため木もすっからかんな感じ。実をつけてくれてありがとう、お疲れ様!の、肥料あげと冬の剪定が待っています。

そろそろタイヤもスタッドレスに変えないとですね!

◆玉川村担当:荻野 育恵(オギノイクエ)

新潟県新発田市出身。母の実家が福島にあり、新潟と福島のハーフ。進学のため上京、そのまま社会人経験を経て29歳時に福島移住を決意。IターンでもUターンでもなく「孫ターン」。2015年4月~2018年3月まで玉川村地域おこし協力隊一期生として活動。2018年4月からは玉川村観光物産協会の立ち上げと、「さるなし」を普及すべく民間団体「はとと」設立と結婚で目がグルグルしている。

◆玉川村観光物産協会
住所:福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9(玉川村役場 産業振興課内)
TEL:0247-57-4629
FAX:0247-57-3952
Mail: kanko @ vill.tamagawa.fukushima.jp
Facebook:https://www.facebook.com/tamakawa.kanko/

◆民間団体「はとと」
自分らしく自由に「さるなし」と「玉川村」を知ってもらうため立ち上げた団体。玉川村の特産品 幻の果物「さるなし」をもっと味わってもらえるようPOP UPイベントの開催や新商品の開発、また、季節に応じて収穫体験等の企画運営を行う。
Facebook:https://www.facebook.com/hatoto810/

福島県玉川村HPはこちら

(本件に関するお問い合わせ先)
株式会社フラクタル
コミュニケーションデザインユニット
シティプロモーション担当:菅野 秀和
Mail:h.kanno@fractale.co.jp

■株式会社フラクタル
フラクタルのシティプロモーションは、本来あるべき地域の理想の姿から地域と共にマーケティング戦略を考え、課題解決力のあるコミュニケーションデザインを通じて効果的なプロモーション戦術を構築します。
東京都台東区蔵前1 -7-7 アイランドビル7F
TEL: 03-3866-1938
URL: http://www.fractale.co.jp/

シティプロモーション担当:菅野 秀和(カンノ ヒデカツ)
福島県郡山市出身。東日本大震災を契機に地元の為に貢献できることは?という命題のもと、地域活性化コンサル会社や農業ベンチャーにて実際に地域に移住しつつ業務を行う。2017年10月より株式会社フラクタルのシティプロモーション担当として、全国の自治体に対してコミュニケーションデザインを通じた地域課題の解決への取り組みや首都圏で地域の魅力を伝えるために奔走中。

  • 【福島県玉川村】「さるなし」への溢れる想い
tags