【宮城県色麻町】加美農祭~加美農生とLittle Japan~しかま☆イルミネーション

ひと しごと もの こと ~宮城県色麻町の菅原さんの色麻と東京の二拠点生活~
2018-12-17

宮城県色麻町でまちづくりNPO法人を立ち上げ、東京との二拠点生活を通じて色麻町の交流人口の創出・まちの魅力を発信している菅原さん。今回は、宮城県加美農業高等学校(加美農)さんとの取り組みについて、また、色麻の冬の風物詩イルミネーションについて記事にしていただきました。地元高校生と一緒にどんな取り組みを行ったのかお楽しみください。

・・・


皆さまこんにちは!色麻町の菅原一杉です。




たいへんご無沙汰してしまいましたが、ちゃんと働いていましたよ!f^_^; 

最近はようやく東京でも寒くなってまいりまして、ようやく冬らしくなってきましたね。風邪など引かぬようどうぞご自愛くださいませ。色麻はもう雪です。

さて、今回は秋から冬にかけて行われました、色麻のイベントについてご紹介したいと思います。

去る10月27日(土)に加美農祭が開催されました。加美農は、正式名称「宮城県加美農業高等学校」といいまして、色麻町にある農業高校のことです。

この加美農では、露地野菜・ハウス野菜・草花・果樹・畜産と様々なものを生徒たちが作っており、加美農祭の一般公開の日には、生徒たちが育てた新鮮な作物を買えるとあって、10時開場なのにもかかわらず、10時前からお客さんの長蛇の列ができています。

毎年、約1000人の来場者数を誇る色麻の一大イベントになっています。

会場では、リンゴやネギ、牛肉・豚肉、鉢植えの花など様々なものが売られていて、たいへんな賑わいです。


作物の他にも、クラスごとの出店もあり、お好み焼き・焼きそば・お菓子・飲み物・ホットスナックなどが売られています。こちらも、生徒の家族や他校に行った同級生などで賑わっていました。

相撲部によるちゃんこ鍋やPTAによる餅も好評を博していました。

そして!

加美農生が作った作物が、今度は色麻町を飛び出して、東京は浅草橋にあるゲストハウスLittle Japanで振舞われるというイベントが、去る10月31日(水)に行われました。

そのイベントは、Little Japanと加美農をネットで繋いで、作物を作った高校生と、食べているお客さんがクロストークをするというものでした。

私は中継スタッフとして加美農側にいたのですが、高校生たちはどんな人が食べてくれるのか、どんな料理になっているかに興味津々。ワクワクと緊張でテンションは高まっていました。Little Japanでは、ゲストハウスということもあり、国際色豊かな参加者が集まっていました。

中継が始まり、会場の様子が映し出されると、初めて目の当たりにする光景に、高校生たちは緊張していた様子でしたが、会場の楽しい雰囲気が伝わり緊張も解けて、終始楽しそうに会話を楽しんでいました。

自分たちが作った作物が、どんなところでどんな風に料理され、どんな人たちに食べられているのか、という場面を、実際に目にするというのはなかなかない経験だったと思います。そして、初めて会う様々な大人たちと話せたということも、これから社会に出ていく3年生にとってはいい刺激になったと思います。参加した生徒たちも、口々に「楽しかった」と言ってましたし、担当してくださった先生からも、今後もぜひ続けたいと言っていただきました。

高校生の視野を広げるためにもいいイベントだと思いますの、ぜひ続いていくように私もがんばりたいと思います。

最後に、色麻の冬のイベントと言えばやはり、「しかまの冬イルミネーション」です!

役場前の通りの街路樹に電飾をつけて、色麻の静かな夜をあたたかな光で彩るイベントです。規模は小さいですが、心があったかくなるイベントです。色麻に来た際は、ぜひ見ていってください。

facebookページやインスタもあります!facebookは「しかまの冬イルミネーション」で、インスタは「shikamanohuyu」で検索お願いします。

どうですか?色麻って楽しい町でしょう?

行ってみたくなりましたら私に言っていただければご案内します。

ぜひ色麻に遊びに来てください(^-^)/

■特定非営利法人ルネッサスファクトリー
HP:https://renaissance-factory.amebaownd.com/
facebook:https://www.facebook.com/renaissancefactory20160426//

◆色麻町担当:菅原 一杉(スガワラ カズスギ)

1977(昭和52)年3月2日生まれ。宮城県加美郡色麻町出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。NPO法人ルネッサンスファクトリー理事長。大学時代に居住した東京の高円寺のような「若者がやりたいことをに自由に挑戦して、形にしているけるような町」、また、「多様な価値観を認め合いお互いが生きやすい町」にしていくために特定非営利活動法人ルネッサンスファクトリーを立ち上げる。現在、宮城と東京の二拠点生活をしながら色麻町への移住交流促進事業に取り組む。

宮城県色麻町HPはこちら

◆色麻町イルミネーションについてはこちら
Facebookはこちらから
Instagramはこちらから

(本件に関するお問い合わせ先)
株式会社フラクタル
コミュニケーションデザインユニット
シティプロモーション担当:菅野 秀和
Mail:h.kanno@fractale.co.jp

■株式会社フラクタル
フラクタルのシティプロモーションは、本来あるべき地域の理想の姿から地域と共にマーケティング戦略を考え、課題解決力のあるコミュニケーションデザインを通じて効果的なプロモーション戦術を構築します。
東京都台東区蔵前1-7-7 アイランドビル7F
TEL: 03-3866-1938
URL: http://www.fractale.co.jp/

シティプロモーション担当:菅野 秀和(カンノ ヒデカツ)
福島県郡山市出身。東日本大震災を契機に地元の為に貢献できることは?という命題のもと、地域活性化コンサル会社や農業ベンチャーにて実際に地域に移住しつつ業務を行う。2017年10月より株式会社フラクタルのシティプロモーション担当として、全国の自治体に対してコミュニケーションデザインを通じた地域課題の解決への取り組みや都市部での地域魅力を伝えるために奔走中。

  • 【色麻町】なぜ、私は色麻町にNPO法人を立ち上げたのか?
  • 【色麻町】色麻の夕暮れ
  • 【色麻町】二拠点生活における東京での過ごし方
  • 【色麻町】地域のお祭りを考える
  • 【宮城県色麻町】色麻町移住体験ツアーを開催!
tags