【知夫里島】ディープ知夫里!偏愛100ヶ所チャレンジ! その①

ひと しごと こと ~島根県 知夫里島の向井さんの日常~
2019-01-10

こんにちは!
島根県隠岐諸島の知夫里島のムカイです(^^)

今年はめちゃくちゃ暖冬ですね~♪
近所の梅もガンガン開花しちゃうし、カメムシにも全然遭遇しないし、この冬はフェリーもほとんど欠航していないし、すこぶる快適~♪
るんっ♪

…な・ん・て!

ウカウカしてる場合じゃなかった!!!!汗

そうです。
先月の記事で『知夫里島の偏愛100ヶ所MAP(仮称)作るぞーーーーー!!!!』なんて意気込んだ宣言をした私。

60ヶ所くらいはすぐにリストアップ出来ましたが、残り40ヶ所はこれから発見していかねば!もはや探検なのか徘徊なのか…笑

でも、まだまだ島で足を踏み入れた事がない場所はたくさんあるから、この先の未知との遭遇が楽しみ~♪

そんな訳で手始めに近場をてくてくお散歩~♪

世の中にご当地マンホールファンは意外と多いのではないでしょうか。私も結構好きで、いろんな所に行く度に探すのですが知夫里島にもありますよ!

オリジナルデザインのマンホール!

知夫里島といえば放牧が名物なので、もちろん牛!

このデザインのマンホールが島に合計何個あるのか、調べるのも面白そうだな~!なんて。放牧の牛の数とマンホールの牛、どっちが多いか気になったりして。

そんな事を考えつつマンホールばっかり見て歩いていたら、開けた場所に到着~♪

本当に今日は天気が良くて気持ちいい!
さてさて次は右か左かどちらに行こうかな~…なんて思っていたのですが…

はっっっ(/ロ゜)/!!!

ある事に気付いてしまったのです…。
(実はこれ、知る人ぞ知る看板なのだ)

そう、なんともデリケートな問題…。

別に島に髪の毛にまつわるエピソードはないのにワードが揃ってしまった奇跡!

右か左か…ぬぅぅ…これは悩ましい選択。でも島では豊富に天然わかめや海藻や岩のりが採れるから、日頃から美味しく頭皮ケアが出来るなんて最高~!

さぁさぁ、どんどん歩いていきましょう♪

はぁ~波の音が気持ちいい~(^○^)
知夫里島は今日もすこぶるのどかです♪

こんなに良いお天気の日中だとゆうのに、人っ子ひとり見当たりません!なぜだ!?

638人の人口はどこ行ったの??寂しくなってきたよ~!誰か~!かまってくれ~!

そこへ視界に飛び込んできたこの看板!!!

いやいや、歩行者どこにおるねーーーーーんっっ!!
壮大にツッコみたくなる田舎あるある。

愛おしいですね♡

それとも、これは霊的な存在を暗示しているのだろうか…

一気に意味深になりますね。
(おそらく時間帯によって子供達の通学路なのでしょう。他にも全く人気のない場所に唐突に同じ看板を見つけて同じく笑った)

しかしまぁ、こんな風に私の独断と偏見による100ヶ所ですからね。マニアックすぎて仕上がり大丈夫かな…

なんて思いを巡らせながら辿りついたのは

【天佐志比古命一宮神社:あまさしひこのみこといっくうじんじゃ】

島では『いっくうさん』と呼ばれ大切にされている一番大きな神社で、古風で落ち着きがあって、でも厳かというよりはすごく親しみやすい雰囲気があるので、私もちょくちょく寄り道します♪

いっくうさんの右側の狛犬(阿形)は子持ちなのですよ~(^^)

『子取り』とゆう型だそうで、子孫繁栄の意味が込められているとの事。親の前足の間にちょこんと座っている感じ、愛嬌があってすごく可愛いな~♪
(狛犬知識を深めようとネットで調べてみたら、世の中には熱心な狛犬ファンがたくさんいるのを知った!皆様すごい熱量だった!知夫里にも見に来て欲しいな~♪)

お参りを済ませて、境内でちょっとのんびりと考え事をしたりなんかして。そろそろ帰ろうと思って階段を下りると…

これ、皆さん何かに気が付きませんか??

そうなんです!!!

この角度から見ると、手すりが【円】に見えるんです!!

なんだか金運高まりそう!笑

しかも円が5個だから【ご縁】でも良いかもしれないね\(^o^)/

以前、島でプロのカメラマンをお招きした写真講座があって、座学の後、実際に島を散策しながら風景を探したのですが、その時のメンバーが発見した素敵ショットなのです!!面白い~!!

狙って作られた訳ではなく、こういう何の変哲もない日常に潜んでいる驚きって大好き♪

ゲームの中でもお宝は簡単に見つからないように上手く隠されているわけで。そう、知夫里島移住生活はリアルRPGゲームと言えよう。本当にドラクエ的な展開で日々が進んで行くから面白いよ!

『あたりまえ』とか『日常』に上手くカモフラージュされたお宝がまだまだたくさん眠っているはず。目をこらして発掘して行くぞ~♪

◆島根県知夫村担当:向井 睦美(ムカイ ムツミ)

大阪の最北端にある能勢町出身。超田舎育ちのため、都会への憧れがあり大阪市内を中心に平凡なサラリーマン生活をしていたが、朝晩の満員電車に揺られながらの通勤や残業、利益追求の日々に疲れ果て、生き方を変えようと思い立ち、2017年8月より島根県隠岐諸島にある人口600人の知夫里島に地域おこし協力隊として移住。主なミッションは、体験観光や特産品の開発。3年という期限のある制度のため、どうにかしてこの大好きな知夫里島に定住するために、日々情報収集しながらあれこれ奮闘する日々。

島根県知夫村HPはこちら

(本件に関するお問い合わせ先)
株式会社フラクタル
コミュニケーションデザインユニット
シティプロモーション担当:菅野 秀和
Mail:h.kanno@fractale.co.jp

■株式会社フラクタル
フラクタルのシティプロモーションは、本来あるべき地域の理想の姿から地域と共にマーケティング戦略を考え、課題解決力のあるコミュニケーションデザインを通じて効果的なプロモーション戦術を構築します。
東京都台東区蔵前1 -7-7 アイランドビル7F
TEL: 03-3866-1938
URL: http://www.fractale.co.jp/

シティプロモーション担当:菅野 秀和(カンノ ヒデカツ)
福島県郡山市出身。東日本大震災を契機に地元の為に貢献できることは?という命題のもと、地域活性化コンサル会社や農業ベンチャーにて実際に地域に移住しつつ業務を行う。2017年10月より株式会社フラクタルのシティプロモーション担当として、全国の自治体に対してコミュニケーションデザインを通じた地域課題の解決への取り組みや首都圏で地域の魅力を伝えるために奔走中。



  • 【知夫里島】離島で女子力UPを狙う‼(前編)
  • 【知夫里島】離島で女子力UPを狙う‼(後編)
  • 【CONEC-TOPEごはん】知夫里島の「サザエ」がつなぐ、島と都市の美味しい関係
  • 【知夫里島】日本に居ながら憧れの海外生活なのだ!
  • 【知夫里島】美味しい!楽しい!嬉しい!離島の文化祭!!
  • 【知夫里島】知夫里島の向井、また変なことするってよ!(予告編)
tags