【知夫里島】ディープ知夫里!偏愛100ヶ所チャレンジ! その②

ひと しごと こと ~島根県 知夫里島の向井さんの日常~
2019-03-28

こんにちは!
島根県隠岐諸島の知夫里島のムカイです!

もうすっかり春ですね~♪
島のあちらこちらでウグイスのご機嫌なホ~ホケキョが聞こえてきます(^^)

そういえば、島のおじちゃまが『こっちの鳥は鳴き声が訛ってる』って言ってたけど本当だろうか?

島の人が島の色んな事を教えてくれる時、ちょいちょい冗談か本当かわからないエピソードが織り交ぜられるのだけど、いつもその妙にリアルでユーモアの効いた話が面白くて割と真に受けて聞いている私なのである(笑)。

さてさて。

私は、子供の頃から『同じものがぎっしり集まっている状態』にとてもワクワクする体質でして。例えば、駅前でパンくずでもばら撒こうなら、そこらじゅうを埋め尽くす勢いで集まってくる鳩のぎっしり感とか、ひと昔前に流行ったキューピーマヨネーズのCMで、たらこキューピー人形が画面ぎっしり埋め尽くしているあの感じとか、皮を剥いだ瞬間に見えるとうもろこしの粒々のぎっしり感とか、魚の大群の映像とか。

そういったものに出くわすと無性にワクワクするのですが、知夫里島にもあったんです!そんな場所が!

そうです!テトラポッド!!
見てください!
ずーーーーーっと奥までテトラポッドがぎっしりと!

振り返ってみてもやっぱりテトラポッドがぎっしり!

ぎゃーーーーー(一人で大興奮する私)!!!

ここはフェリーが着く【来居港:くりいこう】の対岸の堤防なのですが、堤防の直線的かつ平面的な部分と、テトラポッドの丸々した立体感とモコモコ感のコントラストがとても良い!!

急に現れるゲームのダンジョンみたいな階段と巨大なテトラポッド。自分が小さくなったように感じる!

角ばったところも自然のままのゴツゴツした岩場もお構いなしでまたいでいくテトラポッドたち。なんだか生き物のように見えてきませんか?

こうして毎日みんなでスクラムを組んで荒々しい波から港を守ってくれているんだなぁ~なんて思いながら眺めていると…

おや?おやおや?



一人だけフリーダムに鎮座しているテトラが…。笑
波消しの役目は果たしていないかもしれないが、なんだか可愛げがあるのでいつまでもそのままで居てほしいな~♪

あ~可愛いぜ。テトラポッド♡
コンクリートなのに可愛いってすごいですよね!

このコロコロしたバランスが赤ちゃんっぽいからなのかな?でも海が荒れて波がすごい時はめちゃめちゃハードボイルドな印象に変わるのがまた、いとをかし♡

そういえば、写真でわかるように撮れなかったので掲載していないのですが、どうやらポイントごとにテトラポッドのサイズの使い分けがされており、私の見たところでは〈超巨大~巨大~特大〉の3サイズがあるような気がしている。是非サイズの境目も探してみて下さい!
(それはきっと波の強弱の境目でもあるはず!と予想。)

この堤防の距離はなかなか長くて、テトラゾーンが終わった先は急にものすごくスッキリした景色に変わり、道幅も広くて、これはこれでとても爽快感があって最高!

頭の中がゴチャゴチャしてる時、ここはとてもおススメの場所ですよ~(^^)
(風が強い日や海が荒れてる日は海に落ちるかも知れないから行かないでね!)


この堤防を別の場所から見下ろすとこんな感じ。引きで見るとそんなに面白そうな場所には見えないところがまたミソですね~!

釣り人には定番の場所かもしれないけど、普通の観光の人はきっと立ち寄らないだろうな、ここは。でも結構面白い写真が撮れたり、リフレッシュ出来る場所だと思うので、お天気の良い日には是非!

(くれぐれもテトラポッドに乗ったりするのは危ないから控えてね。)

P.S

※ちょっと前に工事をしていたので現在は立ち入り禁止になってるけど、もうすぐ解除されるそうです~。

〈おまけ〉

私の住む集落の堤防は小ぶりで角ばったテトリスみたいな形のものだった!これはこれで可愛いですね♡

◆島根県知夫村担当:向井 睦美(ムカイ ムツミ)

大阪の最北端にある能勢町出身。超田舎育ちのため、都会への憧れがあり大阪市内を中心に平凡なサラリーマン生活をしていたが、朝晩の満員電車に揺られながらの通勤や残業、利益追求の日々に疲れ果て、生き方を変えようと思い立ち、2017年8月より島根県隠岐諸島にある人口600人の知夫里島に地域おこし協力隊として移住。主なミッションは、体験観光や特産品の開発。3年という期限のある制度のため、どうにかしてこの大好きな知夫里島に定住するために、日々情報収集しながらあれこれ奮闘する日々。

島根県知夫村HPはこちら

(本件に関するお問い合わせ先)
株式会社フラクタル
コミュニケーションデザインユニット
シティプロモーション担当:菅野 秀和
Mail:h.kanno@fractale.co.jp

■株式会社フラクタル
フラクタルのシティプロモーションは、本来あるべき地域の理想の姿から地域と共にマーケティング戦略を考え、課題解決力のあるコミュニケーションデザインを通じて効果的なプロモーション戦術を構築します。
東京都台東区蔵前1 -7-7 アイランドビル7F
TEL: 03-3866-1938
URL: http://www.fractale.co.jp/

シティプロモーション担当:菅野 秀和(カンノ ヒデカツ)
福島県郡山市出身。東日本大震災を契機に地元の為に貢献できることは?という命題のもと、地域活性化コンサル会社や農業ベンチャーにて実際に地域に移住しつつ業務を行う。2017年10月より株式会社フラクタルのシティプロモーション担当として、全国の自治体に対してコミュニケーションデザインを通じた地域課題の解決への取り組みや首都圏で地域の魅力を伝えるために奔走中。

  • 【知夫里島】知夫里島の向井、また変なことするってよ!(予告編)
  • 【知夫里島】ディープ知夫里!偏愛100ヶ所チャレンジ! その①
tags